*

オレオレ詐欺に引っ掛かった

基本的に、一般の人が破産を要請するまでの間では返済者個人に対しての電話を使う取り立てと返済者人の住所への訪問によった返済要求は違法行為にはならないということです。

 

また、自己破産の手続きに入ってから請求までに無駄な手数がかかった場合には債権保有人は返済強要をする割合が増えます。

 

債権保有人サイドにとっては未納分の返済もせずに、そのうえ自己破産などの正式な処理もされないという状況であるとグループ内部で処理をなすことが不可能だからです。

 

その上、債権保有者の中ではエキスパートに助けを求めていないと知ったなら相当無理矢理な回収行動をしてくる債権者もいるようです。

 

司法書士事務所か弁護士法人に相談した際には、一人ひとりの債権保有者は債務者に対しての直接回収をやることが許されません。

 

要望を理解した司法書士の担当者もしくは弁護士事務所は要請を受任したという内容の書類を各取り立て屋に送り、各取り立て会社がその文書を確認した時点で依頼者は取り立て屋による無理矢理な返済請求から解放されるのです。

 

ここで、勤め先や父母宅へ訪問しての収金は法のルールで禁止されています。

 

貸金業の登録されている企業ならば仕事場や実家へ訪れての返済要求はルールに抵触するのを理解しているので、その旨を伝達してしまえば、そういった返済請求をやり続けることはないと言っていいでしょう。

 

自己破産に関する手続きの後は申請者に対する収金を対象内として、例外なく返済要求行為は認められなくなります。

 

ゆえに取り立て業者からの支払い請求行動はさっぱりとなしになるということです。

 

しかし、まれにそのことを分かっていながら接してくる取立人もゼロとは考えられません。

 

貸金業で登録してある会社であれば破産の申請後の収金が貸金に関する法律のガイドラインに抵触しているのを認知しているので、法に反していると言ってしまえば、徴集をし続けることはないと言っていいでしょう。

 

とはいえ、裏金と言われる登録外の業者についてとなるとこの限りにはならず強行な収金などが原因の被害事例があとを絶たないのが今現在の状況です。

 

違法金融が取り立て業者の中にいる場合はどんな場合であれ弁護士事務所もしくは司法書士の方などの専門家に連絡するようにする方がいいです。



コメントする