*

海での思い出づくりのためのビデオカメラの撮影

今年の夏は海へ何度か遊びにいきました。某所の割と栄えてる浜辺です。
そこで友達の提案でビデオカメラを撮って動画投稿サイトに載せようということになりました。
私としては動画をサイトに投稿するのは嫌でしたが、形として思い出を残すためにビデオカメラの撮影、というのは面白そうだったので、その場の雰囲気でやることになりました。
すいか割りをしているときのビデオ、BBQしているときのみんなの笑顔やお肉を幸せそうに食べてる顔などのシーンも皆笑顔が溢れていて宝物になるなぁという会心のできになったな!と皆満足げに語っていました。 後日皆で飲みながら鑑賞しよう。ということになり、友達の家に集まり観ることになりました。
集まる日までは誰も見ないようにとビデオカメラは私が保管するようにいわれ、集まる日までは封印していました。そして、皆があつまり、飲みながらの鑑賞会が始まりました。
最初に映し出去れたのは撮影してた女の子のどアップの顔。その時、爆笑の渦が起こりました。とうの女の子は恥ずかしげに笑っており、みんなにいじられていました。

その後、BBQの画面になり、音が途切れはじめ、空気がおかしな感じになりはじめました。そして音が戻ったとおもったら、呻き声が聞こえてきてとめようとしたときにふと画面を観たら肉を焼いていた男の子の首から上が無くなっていました。その後そのビデオは皆の間で呪いのビデオとして思い出となりました



コメントする